【追記あり】犯人はYoast SEO? WordPress 5.0の新エディタGutenbergが重い問題を解決

サイト運営

WordPress 5.0がリリース

先日(2018年12月7日)、WordPress 5.0がリリースされました。

今回のアップデートの目玉は、「Gutenberg」と呼ばれるブロックを主体とするエディタです。

記事内の文章をパラグラフごとにブロックとして扱うことで、メディアの挿入や文章の並べ替えなどが簡単にできるようになりました。

WordPress 5.0 ”Gutenberg”での執筆画面

こちらの画像で青枠で囲まれているのが1つのブロックとなっており、自由に並べ替えることができます。

さて、この新エディタ、Gutenbergが使いやすいかどうかの評価は後ほどするとして、今回WordPress 5.0へのアップデートを行ったことによってエディタが超絶重くなりました

2019年1月13日追記

再度Yoast SEOをインストールしたところ、問題なくエディタを利用できるようになっていました。どうやらバグは解消されたようです。

エディタが尋常じゃなく重い

私はWordPress 5.0がリリースされた当日にアップデートを行ったのですが、その直後から編集画面での文字入力がとんでもなく遅くなりました

どのくらい遅くなったかというと、文字を入力してから画面に表示されるまでに数秒のラグがあり、さらに変換を行うのに数秒かかるという有り様です。

いくら先進的なエディタといえでも、これでは全く使い物になりません。

不具合が生じた際の状況は以下の通りです。

  • WordPress 5.0.0(WordPress 5.0.1においても不具合発生)
  • 利用しているテーマ:スワロー
  • インストール済みのプラグイン:16

Google検索やTwitterで同じような症状になっている人を探しましたが、やや重くなったという人がいるぐらいで、致命的に重くなったという症例は見当たりません。

きと
事例を調べているときに、そもそもメジャーアップデートは様子を見てから行うべきだということを知りました。。

PCのスペックに起因する遅延だとは到底思えないため、何か他の原因があるのだろうと思いましたが、いかんせんWordPressについての知識が不足しており、しばらく何が原因か分からぬままでした。

結論から言うと、どうやらSEO対策プラグインであるYoast SEOとの相性が良くなかったようです。

GutenbergはYoast SEOとの相性が悪い?

不具合が生じた際には、まずは変更した点から疑うのが定石ですが、今回はWordPress自体のアップデートということもあり、何が問題なのかさっぱり分かりません。

色々と検索しているうちにプラグインとの相性という可能性に思い至り、普段利用しているプラグインを一つずつ停止し、不具合が治るかを試しました。

すると、Yoast SEOというSEO対策のプラグインを停止するとエディタがさくさく動くではありませんか。

どうやら犯人はコイツだったようです。

WordPressに詳しい方であれば、Yoast SEOのどの機能が悪さをしているのかが分かるのかもしれませんが、あいにくさっぱり分からなかったため、Yoast SEO自体をアンインストールし、SEO対策機能については他のプラグインで代替しました。

見違えるように速くなったエディタに感動です。

今回のエディタにが重くなる不具合が、WordPress 5.0とYoast SEOの相性に起因するのか、はたまた私が利用しているテーマ、スワローとWordPress 5.0とYoast SEOの3つの相性の悪さが原因なのかは不明ですが、無事に解決して安心しました。

もしも似たような問題で悩んでいる方がいらっしゃれば、一度Yoast SEOを停止すると症状が治るかもしれません。

きと
不具合が治った方などはコメントをいただけると幸いです。

Gutenbergを使った感想

こうした騒動があり、第一印象は最悪となってしまった新しいエディタのGutenbergですが、実際のところ使い心地はどうなのでしょうか。

個人的な感想としては、慣れてしまえば非常に使いやすいと感じています。

ブロックで文章を管理できるので、校閲のさいに並び替えが楽にできたり、後から画像などを挿入するのも楽チンです。

ヤンキーが良いことをすると褒められるみたいな感じではありますが、このように現在はGutenbergに対して概ね好意的な印象をいだいています。

不満点があるとすれば、ブロック内の文章単位で文字の色を変更することができないこと、ブロックの設定を変更するためのショートカットキーが少ないことでしょうか。

何はともあれ、一度慣れてしまえばストレスフリーに執筆を行える良いエディタではないかなと思います。

メジャーアップデートは様子を見てから

今回は不注意にも急いでWordPress 5.0にアップデートしたがために、大変な目に遭ってしまいました。

こうしたメジャーアップデートを行う際は、きちんとバックアップをとる、安定するまで様子を見るなどの対策を取らなければなりません。

自由度の高いWordPressによるサイト運営ですが、自由自在に扱えるようになるまではまだまだ時間がかかりそうです。

きと
それにしても今回の一件で、いかに自分が技術的によく理解しないままWordPressを扱っているのかを痛感しました。

Google先生に聞けば大抵のことが解決する世の中ですが、もう少し自分の頭を使って考えるようにしなければなりませんね。

これからはWordPressやHTML、CSSなどの勉強もしていきたいです。