【2021卒】トップ企業を目指すあなたに必要な就活サイトは3つだけ

就活
まに
20卒就活生のまにです。 2018年の4月頃から本格的に就活を始め、外資系戦略コンサルや外資系メーカー、日系コンサル、シンクタンク、メガベンチャーなどから5つ以上の内定を獲得しました。 1年間の就活の経験を活かし、有益な情報を提供できればと思います。

就活サイト多すぎない?おすすめは?

就活を始めようという人は、まず就活サイトをネットで調べると思います。

私もそう思って去年調べたんですが、

就活サイト、めちゃくちゃ出てきます。

正直なところ、有象無象の就活サイトが乱立し、どのサイトに登録すればよいのかがさっぱり分からないというが現状です。

私の場合は、最初はとりあえず片っ端から登録すればいいんだろ!と目についたサイトから登録しまくっていました。

今思い返せば、エンジニア向けの就活サイトなど、明らかに自分には必要ないサイトにまで登録していました。

しかし、就活を振り返ると、ほとんどのサイトは登録したときにしかアクセスしていません

○○限定!」「特別オファー!」などの言葉に踊らされて登録したサイトについても、全然限定じゃなかったり、本当に自己PR読んで連絡してんのか?といったものばかりでした。

あとは参加した記憶のないイベントなのに、「イベントでの活躍を拝見してご連絡しました!」みたいな連絡が来たこともあります。

ということで、今回は外資系企業や日系トップ企業などを目指す就活生の方に向けて、本当に登録する必要のあるおすすめ就活サイトを3つ紹介します。

また、5月31日までにそれぞれのサイトに登録すれば合計1,500円分のAmazonギフトカードが貰えるので、登録がまだの方はこの機会にぜひ登録してみてください。

就活サイトはこの3つで十分!

結論から言うと、登録する必要がある就活サイトは、

外資就活ドットコムONE CAREERGoodfindの3つ

だけです。

きと
え、それだけでいいの?

まあ念のためにマイナビリクナビにも一応登録しておいたほうが良いかもしれませんが、基本はこの3つで十分です。

私も去年の4月から7月にかけてサマーインターンシップの選考情報の収集のために色々なサイトを見ましたが、これら3つのサイトをチェックしておけば必要な情報は全て集まりました。

これからそれぞれのサイトを紹介していきます。

外資就活ドットコム

出典:外資就活ドットコム

外資就活ドットコムは、外資系・日系超一流企業を目指す学生のための就職活動サイトです。

引用:外資就活ドットコム

略称は外就。株式会社ハウテレビジョン運営。

その名の通り、外資系企業を目指す学生がメインターゲットとする就活サイトです。

利用者の属性としては早慶旧帝一工などのいわゆる上位校の学生が多く、各大学の推定就職希望者数のうち、東大生の約8割、慶応・一橋大生の約7割、京大、東工、早稲田生の約4割が登録しています*1。

全体での登録者の所属大学の割合は以下のようになっています。

引用:株式会社ハウテレビジョン

このように高学歴就活生向けのサイトと言えます。

そのため掲載されている企業もコンサルティングファームや外資系投資銀行などが多いです。

特徴

外就の特徴としては、選考体験記のクオリティが非常に高いことが挙げられます。

これらの情報は内定者や選考経験者に数千円の報酬(Amazonギフトカード)を支払って集めているものなので、質が安定しており選考を受ける上で大変参考になります。

自分が内定者になった際には、選考体験記を書くことでかなりの額を稼ぐことができるのでおすすめです。

また、2018年から選抜コミュニティの一つである外資就活アカデミアを主催しています。

外資就活アカデミアは、数ある選抜コミュニティのなかでも高い評価を得ている選抜コミュニティなので、興味のある方はぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

*1:株式会社ハウテレビジョン「事業概要」

今だけお得に登録(5月31日まで)

以下のボタンから21卒の方が大学メールアドレスを使って外資就活ドットコムに登録すると、Amazonギフトカード1,000円分をもらうことができます。

ONE CAREER

出典:ONE CAREER

ワンランク上のキャリアを目指す、就職活動サイト

引用:ONE CAREER

略称はワンキャリ。ワンキャリア株式会社運営。

外資系企業を目指す就活生にとっては、こちらのワンキャリ外就二大就活サイトになっていますね。

ワンキャリは外就ほどターゲットを絞っておらず、幅広い企業の選考情報が掲載されています。

特徴

内定者のESを公開しているのが特徴的で、先日も渋谷駅で内定者のESを配布する広告をしたのが話題になりました。

個人的には、就活サイトとしてのミッションを強く感じられるサイトだと思います。

もちろん選考の情報についても外就と同じく報酬を払って集めているものなので非常に充実しており、企業へのエントリーなどもサイト上で行えます。

あと、サイトのデザインに限れば外就よりもかなり優れていると言えます。

また、ONE CAREER EXPOなどの大規模な就活イベントも開催しており、リアルでの情報提供にも積極的です。

今だけお得に登録

ワンキャリについても、以下のボタンから21卒の方が大学メールアドレスを使って登録すると、Amazonギフトカード500円分をもらうことができます。

Goodfind 2021(FactLogic)

出典:Goodfind 2021

Goodfindはセミナーやイベント、記事等の情報を通じて新産業・新事業の創造や社会の課題解決に挑戦する優良企業、人生のメンターとなるような社会人との出会いを提供することにより皆さんの勇敢なキャリア選択をサポートします。

引用:Goodfind

略称はGF。スローガン株式会社運営。

そのままグッドファインドと呼ぶ人の方が多いかもしれません。

外就やワンキャリに比べると、ベンチャー企業の情報が中心となっています。

しかし、ベイン・アンド・カンパニーやアーサー・ディ・リトルといった外資系戦略コンサルのES免除ルートなどもあり、外資系企業を目指す学生にとっても有用なサイトです。

特徴

グループディスカッション講座やケース面接対策講座などのセミナーを頻繁に開催しているのが特徴です。

ベンチャー企業のインターンシップに一つのESを書くだけで応募できるサービスなども提供しており、サマーインターンシップ前には大変有用なサイトです。

FactLogic

Goodfindにはコンサル就活に特化した、FactLogicという姉妹サイトがあります。

こちらにはケース問題やフェルミ推定に関する記事が掲載されているので、コンサル志望の就活生におすすめです。

FactLogicは選抜コミュニティのなかでも有名なファクトロジックエグゼクティブを運営しており、2021年卒向けには第5期生を募集していました。

リクナビ&マイナビ

この2つにも念のために登録しておけばいいです。

とはいえ、私の場合は、サマーインターンシップが一段落する9月中旬まではリクナビとマイナビを利用した記憶がないです。

日系企業の情報をざっと確認する程度に利用すれば良いのではないかなと思います。

もちろん日系大手企業を志望する人は登録しておくべきです。

おまけ:21卒就活カレンダー

今回紹介した就活サイトを使えば必要な選考情報は基本的に網羅できると思います。

しかし、各サイトで掲載されている情報を誰かがまとめてくれていれば便利ですよね。

そんな願いを叶えるのが、こちらの21卒就活カレンダーです。

スプレッドシートに就活情報をまとめました

こちらのスプレッドシートは、当サイトのもう1人のライターであるきとを含む21卒就活生の有志が各社のインターンシップの情報をまとめたものです。

きと
私が頑張って作成中です!

ダウンロードしてカスタマイズして使えば非常に便利だと思うので、ぜひ使ってみてください。

詳しい利用方法については以下の記事をご覧ください。

【2021卒】就活はスケジュール管理が命!超便利な就活カレンダーを紹介

2019-04-17

効率的な情報収集を心がけよう

就活は情報戦とも呼ばれるように、いかに情報収集を効率的に行うかが重要です。

有象無象の就活サイトに振り回されることなく、今回おすすめした質の高いサイトを活用してインターンシップの選考対策を進めていきましょう。

今回紹介したサイトへのリンクの一覧は以下になります。

まに
これから1年間就活頑張っていきましょう