ANAマイルを貯めて海外旅行へ!4つのモデルプランを紹介

マイルで旅行

前回の記事では、ANAマイルを貯める方法についてご紹介しました。

ANAマイルを貯めて海外旅行!格安で世界を飛びまわる方法とは

2018-10-05

しかし、マイルを貯めたら特典航空券に交換できると言っても、どのような使いみちがあるのか分からないと思います。

また、マイルを貯めようと思っても、実際に旅行が可能になるのは半年はかかります。

そのためモチベーションを維持するためにも、明確な目標を設定することは重要です。

今回は、マイルを貯める人の行きたいことなどに応じて、マイルを貯めて実際に特典航空券を発券するまでのモデルプランを考えていきます。

ここでは以下の4つの希望に答えるという形で、各人に合わせたマイルの活用法を具体的に示していきます

  • 仕事が休みの日にグアムでゆっくりしたい
  • 大学の卒業旅行でヨーロッパに行きたい
  • ビジネスクラスで贅沢な旅がしたい
  • 実家に帰省する飛行機をマイルでとりたい

では、さっそく見ていきましょう。

仕事が休みの日にグアムでゆっくりしたい

まずは東京で会社員をしている美緒さんからの希望に合わせたプランを考えます。

美緒
東京の雑貨店で働いている美緒です。

私の場合仕事が忙しくてそんなに長い間休みも取れないから、半年に一回くらい近場のリゾートでゆっくりできたらいいなと思ってるんですよね。

どのくらいマイルを貯めたら行けるんでしょうか。

最初の相談者は、マイルを貯めてグアムに行きたいという25歳OLの美緒さんです。

お仕事が忙しいとのことなので、日本から4時間ほどで行くことができるグアムでのんびりしたいようですね。

発券を目指すべき特典航空券

ANAのマイルではスターアライアンスに加盟している航空会社の特典航空券も発券することができます。

ANA便のみを利用する国際線特典航空券をANA国際線特典航空券と呼ぶのに対して、他社便が1便でも混ざっている特典航空券を提携航空会社特典航空券と呼びます。

ANA国際線特典航空券と提携航空会社特典航空券では、若干適用されるルールが異なり、必要となるマイル数も違います。

一般に提携航空会社特典航空券の方が必要になるマイルは少しだけ多いです。

特典航空券の詳しいルールについては、こちらの記事で丁寧に解説しているので、ぜひこちらも目を通してみてください。

今回はグアムに行くということで、日本からグアムへの便が出ているスターアライアンス加盟航空会社はユナイテッド航空のみなので、提携航空会社特典航空券の発券を目指すことになります。

東京-グアム、エコノミー往復:20,000マイル

特典航空券を発券するにあたって必要となるマイル数は、目的地のゾーンと搭乗クラス(ANA国際線特典航空券の場合はシーズンも関係あり)によって決まります。

グアムはアジア1(ZONE 3)というゾーンに含まれるので、エコノミークラスで日本から単純往復する特典航空券は20,000マイルで発券することができます。

美緒
なるほど。とりあえず20,000マイルあればグアムに行ちゃうんですね。

では、具体的にどのようなプランで20,000マイルを貯めることができるでしょうか。

マイルを貯めるスケジュール

20,000マイルを貯めるためには、ポイントを0.81倍でANAマイルに交換するとして、ポイントサイトで25,000ポイントを貯める必要があります。

このポイントを0.81倍でANAマイルに交換する方法は、前回の記事で説明しているので、ご存知ない方は一度こちらの記事をご覧ください。

ANAマイルを貯めて海外旅行!格安で世界を飛びまわる方法とは

2018-10-05

まずは、なんといってもメトロポイントを0.9倍でANAマイルに交換することができるようになる、ソラチカカードを発行しなければなりません。

【2019年4月最新】ソラチカカードのお得な発行方法を丁寧に解説

2018-10-07

上記の記事でも触れていますが、ソラチカカードについてもポイントサイト経由で発行すると、3,000ポイントほどを手に入れることができます。

まずはポイントサイトを経由してソラチカカードを発行することで、スタートダッシュを決めましょう。

きと
ソラチカカードは文字通り”必須”のクレジットカードなので、できる限り早い段階で申し込んでおきましょう!

ソラチカカードを発行してポイントをマイルに交換する準備ができたところで、さっそくポイントサイトでポイントを貯めていきます。

まず、最近美容に気を使っているという美緒さんには、マッサージのモニターやヘアサロンの予約などの案件が向いているのではないでしょうか。

サイトや時期によって変動はありますが、マッサージのモニター案件が1回3,000ポイントヘアサロンの予約は1回1,000ポイントが相場です。

それぞれ1回ずつやれば、それだけで4,000ポイントですね。

また、美緒さんは会社内ではまだまだ若手ということで飲み会のセッティングを任されることも多いようです。

こんなときはファンくるポイントタウンといったサイトの外食モニター案件を利用してみましょう。

店舗によって異なりますが、料理の写真やアンケートを提出することで飲食代金の20%~50%がポイントとして還元されます。

例えば1人3,000円で5人の飲み会還元率30%案件を利用すると、3,000×5×0.3=4,500円分のポイントをゲットすることができます。

飲み会でこれだけのポイントがもらえるのは本当にお得ですね。

ちなみに会社の飲み会で料理の写真なんか撮れないよ…という人はぐるリザというサービスがおすすめです。

こちらはファンくる系列のサービスなのですが、ただ単に指定の時間帯に飲食店を訪れるだけで、モニター案件と同様に20%~50%ほどのポイントをもらうことができます。

煩わしいアンケートの提出や写真撮影が無いのでおすすめです。

時間帯別グルメクーポンサービスぐるリザ
こちらから登録&利用で500円分のポイントがもらえます

ちなみに、こういった自分だけポイントを貰えるような案件を利用する際は、友人や知人とトラブルにならないように気をつけてくださいね笑

まに
もしくは幹事やってるんだからこのくらいは得してもいいだろ、という強い気持ちをもって、バレないようにやりましょう

あとこの他にメインとして取り組める案件としては、クレジットカードの発行があります。

クレジットカードの発行は、年会費無料のカードであっても1枚につき6,000~12,000ポイントほどもらえるという非常に割の良い案件です。

1,2ヶ月に1回程度のペースでクレジットカードを発行すれば、安定してポイントを稼ぐことができると思います。

あまり頻繁に発行してしまうと審査に落ちる可能性があるので、1枚発行したら1ヶ月は間隔を空けるようにしましょう。

以上、ざっと美緒さんが取り組めそうな案件をあげましたが、これを3ヶ月ほどでやるとしたら以下のようなプランになるかと思います。

ポイント獲得プラン
1ヶ月目 6,000ポイント
・ソラチカカードを発行(3,000ポイント)
・各種ポイントサイトに登録
・マッサージ案件(3,000ポイント)

2ヶ月目 14,500ポイント
・クレジットカード発行(8,000ポイント)
・ヘアサロン予約(1,000ポイント)
・飲み会の幹事(5,000ポイント)
・ネットショッピング(500ポイント)

3ヶ月目 4,500ポイント
・ヨガ体験(2,000ポイント)
・外食モニター(2,000ポイント)
・ホテルの予約(500ポイント)

合計2,5000ポイント=20,000ANAマイル

(もらえるポイントについては平均的な額を記しています。)

このように数万ポイントを貯めるくらいであれば、全く大変ではありません。

ポイントをマイルに交換するのに2ヶ月かかるとしても、ポイントを貯め始めてから半年後にはグアム旅行に行くことができそうです。

この他にもクレジットカードの決済によるポイントや、LINEポイントのキャンペーンなどでもポイントが貯まるでしょうから、社会人の方であればこのプランはかなり余裕を持って実現できるのではないでしょうか。

大学の卒業旅行でヨーロッパに行きたい!

次は、京都の大学3回生であるけいすけ君の相談に答えます。

けいすけ
どうも。けいすけです。

俺は大学の卒業旅行でイタリア、フランス、スペインなんかを3週間位かけて周るのが夢なんよね。

そのなかでもフランスは絶対に行きたいんよなあ。

これもANAマイルを貯めたらできるんかな?

多くの大学生が彼のような希望を持っているのではないでしょうか。

とはいっても、普通の大学生であれば、バイトを一生懸命にやらないとなかなか卒業旅行でヨーロッパに行くだけのお金を稼げませんよね。

しかし、ANAマイルを貯めることで、このような卒業旅行だって実現可能です。

ヨーロッパまでのANA国際線特典航空券を確保するのは、なかなか空席がなく難しいでしょうから、今回はスターアライアンスに加盟している航空会社の飛行機に乗ることができる提携航空会社特典航空券の発券を考えてみましょう。

発券を目指す特典航空券

パリやフランスは欧州(ZONE 7)に属し、提携航空会社特典航空券を発見するためには、エコノミークラスで単純往復すると、55,000マイル、乗り継ぎありだと60,000マイルが必要です。

ヨーロッパ、エコノミー往復:60,000マイル

今回はせっかく卒業旅行なので複数都市を周る旅程にして、バンコク旅行も合体させてしまいましょう。

もちろんバンコクではなく、イスタンブールでのストップオーバーにしても構いません。

往路の到着地をパリにして、復路はウィーンから帰ってくるということも可能なので、地上移動の間にLCCやユーロスターなどを使ってドイツやイギリスなど他の国を訪れても良いですね。

けいすけ
こんなにたくさんの国を周ることができるんや。

夢が広がるなあ。

マイルを貯めるスケジュール

今回は6万マイルが必要とのことなので、ポイントを0.81倍でANAマイルに交換するとして、74,000ポイントほどが必要になります。

彼は4年生の2月・3月の卒業旅行でヨーロッパに行きたいそうですから、1年半かけてマイルを貯めるとしましょう。

これはどれだけの案件をこなせば達成できるでしょうか。

まずは先ほどと同じようにソラチカカードを発行することで、7,000ポイントを手に入れます。

あとは海外旅行に役立つセディナカードJAL naviカードといったクレジットカード、また単純にもらえるポイントが多い楽天カードなどを発行することで、合計30,000ポイントほどは貯めることができそうです。

あとは大学生ということで、先ほどのファンくるぐるリザを使って、飲み会の幹事を積極的に買って出ることでポイントを大量に貯めることもできますね。

あと変わったところでは、Uber Eatsの配達員に登録して配達をすると13,000ポイントなんて案件もあります。

こちらの案件については2019年1月20日現在、モッピーにて公開中です。

比較的時間に余裕のある大学生であればこれも良い案件ですね。

私の周りでもポイントサイトに関係なく、Uber Eatsの配達バイトをしている人がいます。

さて、このようなスケジュールで行くとすれば、以下のようなプランで74,000ポイントを貯めることができるでしょう。

ポイント獲得プラン
1ヶ月目 10,000ポイント
・ソラチカカードを発行(7,000ポイント)
・各種ポイントサイトに登録
・飲み会の幹事(3,000ポイント)

2ヶ月目 22,500ポイント
・クレジットカード発行(8,000ポイント)
・ヘアサロン予約(1,000ポイント)
・Uber Ears登録(13,000ポイント
・ネットショッピング(500ポイント)

3ヶ月目以降 毎月5,000ポイント
クレジットカード発行(5,000ポイント)や飲み会の幹事(3,000ポイント)、サービスの利用・登録、ネットショッピングなどで月に5,000ポイントを稼ぐ。

1年で合計82,500ポイント=66,825ANAマイル

このように学生であってもコツコツとポイントサイトの案件をこなしていけば、1年間で100,000ポイント=81,000マイルくらいを貯めることは全く難しくありません

なんならもう少し頑張れば片道をビジネスクラスにするなんてこともできそうです。

片道ビジネスでも75,000マイルで可能
けいすけ
まだ旅行までには1年半以上あるから、これなら頑張って75,000マイルを貯められるように頑張るぞ!

夫婦でビジネスクラスの贅沢な旅行がしたい

夫婦で旅行に行きたいと考えているのは、田中さん夫妻です。

田中さん夫妻
田中浩二36歳です。妻と6歳になる子供がいます。

新婚旅行以来、お互いに仕事が忙しくて海外旅行に行けてなかったんですが、ようやく仕事も落ち着いてきたので、子供を実家に預けて久しぶりに妻と二人きりで海外に行きたいなと思っています。

あとはせっかくなので憧れのビジネスクラスに乗ってみたいですね。

次は田中さん夫妻です。結婚10年目を前にしてしばらく行けていない海外旅行に行こうと考えているようです。

二人で行くということでは以下のようなプランはいかがでしょうか。

シドニー、片道ビジネス:60,000マイル

こちらは往路はビジネスクラスでシンガポールに立ち寄ってからシドニーに行き、帰りはエコノミーの直行便で日本に帰るという旅程になっています。

これならば2人で120,000マイルと必要なマイル数も少なくなります。

120,000マイルを貯めるスケジュール

さて、120,000マイルを貯めるためには、0.81倍でポイントをマイルに交換すると150,000ポイントほど必要となります。

田中さんは社会人として責任ある役職にあり、金融リテラシーも高いので、保険の面談FX口座の開設・取引といった高還元のポイント案件もこなすことができそうです。

FX案件については、FX口座の開設後に取引をする必要があるため、最低限のお金の知識がないの抵抗感があるかもしれませんが、理解さえしていれば学生でもできる案件なので高ポイントを狙う人にはオススメです。

保険の面談不動産投資の面談に関しては、一定の収入がある社会人の方であれば行える高還元案件です。

以上、高還元案件を中心にこなしていくとすると、このようなプランになるでしょう。

ポイント獲得プラン
クレジットカード案件 42,000ポイント
・ソラチカカードを発行(7,000ポイント)
・セディナカードを発行(5,000ポイント)
・ゴールドカード発行(15,000ポイント)
・その他カードを発行(5,000ポイント)×3

FX案件 55,000ポイント
・高還元FX案件(15,000ポイント)×3
・銀行、証券口座開設(2,000ポイント)×5

面談案件 40,000ポイント
・保険の面談(10,000ポイント)
・不動産の面談(30,000ポイント)

決済・ショッピング案件 13,000ポイント
・クレジットカードでの決済(年間10,000ポイント)
・ホテル・飛行機予約(3,000ポイント)

合計150,000ポイント=121,500ANAマイル

ちなみに田中さんが夫婦2人でこれらの案件に取り組めば、貯まるスピードも2倍となり効率が良いかと思います。

一番の問題は、こんな怪しいことをするということについて、配偶者を説得することかもしれませんね笑

田中さん夫妻
うちの妻は理解があるようで、協力して取り組んでくれるそうです!

会社の出張などでも飛行機に乗るので、これから頑張ってマイルを貯めていきたいと思います。

実家に帰省するための飛行機をマイルで取りたい(学生限定)

最後は、北海道出身で大阪在住の大学院1年生、はじめさんです。

はじめ
大阪在住が5年目になる、はじめです。

大学に進学するタイミングで北海道から大阪に来たんだけど、毎回実家に帰省する費用が意外とバカにならないんだよね。

こういう国内の飛行機移動もマイルでどうにかならないかな?

北海道からやってきたというはじめさんは、実家に帰省する際の飛行機代に悩んでいるようです。

確かに、新千歳-伊丹便は往復で3~4万円はするので頻繁に帰省するとなるとなかなか厳しいものがあります。

こちらはANAマイルを貯めても良いんですが、学生の国内線利用ということに限ると、JALカード naviの減額マイルキャンペーンを利用するという方法が一番オトクです。

JALカード naviの減額マイルキャンペーンとは

JALカード naviとは、JALが学生限定で発行しているクレジットカードです。

非常にお得な特典が豊富で素晴らしいカードなのですが、その中でも減額マイルキャンペーンというものが非常に強力なキャンペーンとなっています。

簡単に言うと、特定の期間において、特典航空券を発行するのに必要なマイルが半額になるというキャンペーンです。

なんと羽田-那覇往復のような路線を含め日本中どこでも、片道3,000マイル、往復6,000マイルで発券することができます。

このキャンペーンを使うと、文字通り日本中どこにでも飛んでいけるようになりますね。

JALとしては、普通の学生はお金が無く、そんなにたくさんフライトでマイルを貯めることができないと思ってこのキャンペーンを開催していると思います。

しかし、私たちのようにポイントサイトからの交換という形でマイルを貯めている学生からすると、超絶お得なお祭りキャンペーンになっています。

JALカード naviの詳細や発行方法、減額マイルキャンペーンについての詳細を知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

【学生必携】JALカード naviは超お得な特典多数の最強クレジットカード

2018-10-17

学生必見!JALカード navi減額マイルキャンペーンがオトク過ぎる

2019-01-11

JALマイルを貯めるスケジュール

ということで、はじめさんが乗りたい新千歳-伊丹便についても片道3,000マイルで乗ることができると分かりました。

しかし、ここで問題が1つあり、JALマイルについてはANAマイルのように、0.81倍で交換するというわけにはいきません。

基本的には0.5倍での交換が普通です。

特典航空券を発券するのに必要なマイル数が半分になることを考えると、たとえポイントを0.5倍でJALマイルに交換することになっても、実質は1.0倍で交換して利用できていることになるので0.5倍で交換しても構わないと思います。

しかし、モッピーのドリームキャンペーンを利用すると、いくつか条件はあるのですが、実質0.8倍で交換することもできます。

ということで、これまで述べてきたようなポイントの貯め方をして、交換先をJALマイルにするというだけでJALマイルは貯まるかと思います。

また、JALカード naviは100円ごとに1マイルが付与されるので、月に5万円ほどカードで決済をすると1年間で6,000マイルが貯まります。

つまりJALカード naviで日々の決済を行えば毎年国内線往復ができるだけのマイルは貯まります。

月5万円の決済というのも、飲み会のときなどにクレカで支払って立て替えるなどしていれば、学生でも可能な範囲ではないかと思いますしね。

正直、国際線についてはANAマイルの方が利便性が高いと思うので、あまり海外旅行に興味がなく国内線の利用が中心という学生の方がJALマイラーに向いています。

はじめ
僕はあまり海外旅行には興味がないからJALカード naviを発行して、JALマイルを貯めることにしようかな。

まとめ

以上、4つのパターンでマイルを貯めて使うプランを考えてきました。

ただ単にマイルが大量に貯まる!と言われてもいまいちイメージが湧かなかった方も、これでどういった感じでマイルを貯めることができるかなんとなくわかったのではないでしょうか。

今回紹介したプランの中から自分の希望に近いものを参考にマイルを貯めてみてください。

あとは、結局どのポイントサイトを中心にポイントを貯めれば良いのかについてですが、やっぱり一番おすすめなのはモッピーです。

サイトは使いやすいですし、もらえるポイントも比較的高めで、さらにGポイントに直接交換することができるので、ANAマイルに交換するまでに必要な日数も短いからです。

ちなみに2019年2月28日(木) までに以下のバナーから登録し、2019年3月31日(日)までに5,000ポイント以上を獲得すると1,000ポイントがもらえます。

クレジットカード発行案件やUber Eats案件をこなせば一発だと思うので、ぜひこの機会に登録してみてください。

モッピー!お金がたまるポイントサイト
きと
今回紹介したプランの他にも、ポイントの貯め方や特典航空券の発券方法についてご質問がある方は、気軽にコメント欄やお問い合わせフォーム、Twitterなどからご質問くださいね!