【体験談】イタリア・ミラノでクレジットカード詐欺にあった話【被害額6万円】

海外旅行
きと
海外旅行には常に危険が伴います。

今回はイタリアでクレジットカード詐欺にあった友人の体験談です。

クレジットカード詐欺の手口

空港で声をかけられて・・・

Aさん
今回、詐欺の被害にあったAと言います。

詐欺未遂にあったのはイタリア・ミラノのマルペンサ空港です。

イタリア旅行を終え、日本に帰国するためにマルペンサ空港に到着した私は、空港ロビーで身長180cmくらいの黒人男性に突然英語で声をかけられました。

詐欺師
日本に行くための飛行機に乗り遅れてしまったんだ。

荷物も全て預けてしまって、現金しか持っていないからクレジットカードを使って電話もかけることができない。

日本にいるタナカさんに連絡するために、20ユーロを渡すから電話をかけてくれないか?

イギリスのロンドンからやってきたという男性は、日本に電話をかけたいと言います。

しばらく雑談をしていると、日本にも過去に住んでいたことがあるということで、私の出身地でこれから働くとのことでした。

英語も流暢で不審な点も特に感じられなかったので、20ユーロを手渡された私はなんの疑いもなく、近くにある公衆電話に行って自分のクレジットカードを使って電話をかけてあげようとしました

しかし、電話はなかなかつながらず、結局男性も諦めてしまいます。

詐欺師
どうやら電話が繋がらないみたいだね。

わざわざ手伝ってくれてありがとう。

20ユーロはとっておいてくれ。

君も飛行機に乗り遅れないように気をつけなよ!

こう言って男性は足早にその場から立ち去ってしまいました。

違和感を覚えて友人に電話で相談

力になってあげることができず残念だなと思いましたが、よくよく考えると彼の話には違和感があります。

そもそも飛行機に乗り遅れた彼がなぜ空港の制限エリア外の出発ロビーにいるのでしょうか。

また、クレジットカードを預け入れ荷物に入れてしまうということは考えづらいです。

何か釈然としない思いになりながら、念のために海外旅行に慣れている友人のきとに電話しました。

きと
(・・・かくかくしかじか・・・)

なるほど。怪しいね。

クレジットカードを盗られたり、荷物盗まれたりしてない?

荷物を確認しましたが、私自身は何を盗られたわけでもなく、なんなら20ユーロを受け取っています。

きと
ちょっと調べてみるね。カタカタ…

あ!クレジットカードをもう一度確認してみて!

きとに言われて私のもっていたイオンカードを再度確認すると、なんと名義が私ではなく他人のものになっています!

気が付かない間にクレジットカードをすり替えられていたのです。

クレジットカードのすり替え詐欺

今回の犯人の手口は、ターゲットにクレジットカードを出させ、本人が気が付かない間にクレジットカードを入れ替えてしまうというものでした。

おそらく犯人は、日本人が比較的多く所持しているイオンカードや楽天カードなどの偽物を複数持っており、ターゲットがそのカードを利用していたときにすり替えるという方法でクレジットカードを盗んでいるようです。

被害にあった私も、まさかクレジットカードがすり替えわれているとは思わず、全く気が付きませんでした。

すぐさまクレジットカード会社に電話をしてカードの利用停止手続きを行ってもらいます。

念のために、イオンカード以外のクレジットカードについても利用停止をお願いしました。

幸いなことに被害後数十分程度で利用停止したため、不正利用されることはありませんでした

※4月29日追記

後日、不正利用の請求が来ていました。

現状ではイオンカードによる保証が適用されるかどうか不明なため、また状況に進展があれば加筆したいと思います。

※5月4日追記

残念ながら今回の不正利用については、保証適用外とのことでした。

保証を受けるためには、被害後すぐに現地の警察署に被害届を出す必要があるとのことです。

今回は帰国直前に被害に遭ってしまったため、出国前に被害届を出す時間がなく、泣く泣く6万円を失うことになってしまいました。

イタリア、ミラノのマルペンサ空港に行く方はくれぐれも同一の被害に遭わないように気をつけてください!

また、被害に遭った方は必ず現地の警察署に被害届を出すようにしましょう。

類似の詐欺被害は過去にも発生

きと
今回私がクレジットカード詐欺だと気がつくことができたのは、「空港 クレジットカード 詐欺」と検索したところ、酷似した事例がヒットしたからです。

Aさんから詐欺にあったかもしれないという電話を受け、すぐに事例を検索すると以下の記事がヒットしました。

ターミナル内のスターバックス付近で、男性から「タナカさん」に電話をかけたいが、カードは所持していないので20ユーロ(現金)を払うからカードで電話をかけさせてほしいと依頼があり、ピンコード入力時は隠していたものの、途中で一度、一瞬電話機からカードを抜いたときがあったという。その後直ぐに返却してもらい、男性と別れたが、翌日、カードを確認すると他人名義の同じカードで、利用明細を確認すると限度額まで利用されていることが判明したという。

引用:チューリッヒ空港でクレジットカード詐欺被害 「楽天カード」すり替え(トライシー)

チューリッヒ空港と場所は違いますが、全く同じ犯行の手口です。

また、マルペンサ空港についての事例を調べたところ、在ミラノ日本国領事館の注意喚起情報がありました。

ミラノ中央駅やマルペンサ空港内において、「自分のクレジットカードが使えない状態だが、代わりに使ってみてくれないか」等と声をかけられ、その応対中に被害者のクレジットカードと犯人のクレジットカードをすり替えられる被害が発生しています。

引用:「クレジットカード盗難の注意喚起」 (在ミラノ日本国総領事館・警備、北イタリア治安情勢通報)

こちらのページで犯人像として挙げられている「黒人男性、25~35 歳、身長180 ㎝位、体格がっちり」という人物は、まさに今回の詐欺を行った犯人と合致します。

どうやら数年前から同様の手口で犯行を繰り返しているようです。

チューリッヒ空港でも同様の詐欺被害が発生していることから、詐欺グループの常套手段となっているのかもしれません。

海外旅行の際は細心の注意を払おう

海外旅行ではいつ自分が被害に遭うか分かりません。

海外にいる際は、日本とは違う国にいるんだという意識を持って、常に細心の注意を払うようにしましょう。

また、海外旅行に慣れているという人も、気を抜かずに相手を疑う姿勢を忘れないようにしたいところです。

今回被害に遭った友人も海外旅行には慣れていましたが、クレジットカードをすり替えられてしまいました。

海外で現地の人との交流を楽しむのが海外旅行の醍醐味ではありますが、典型的な詐欺の手口はしっかりと頭に入れ、少しでも怪しいと思ったらきっぱり断る勇気を持ちましょう

きと
安全で楽しい海外旅行にするためにも、常に警戒心を持って旅しましょう!

私もより一層注意していきたいと思います。