モッピーやGポイントなどのポイントサイトに海外からアクセスする方法

マイルで旅行

モッピーGポイントといった、一部のポイントサイトでは、海外からのアクセスが禁止されています。

しかし、毎月ポイントを交換する必要のある陸マイラーの方などは、ポイントサイトに海外からアクセスできないと困るという方は多くいるかと思います。

今回は、海外からのアクセスが禁止されているポイントサイトVPNサーバーを経由することでアクセスする方法を紹介します。

ポイントサイトに海外からアクセスする方法

モッピーGポイントポイントインカムなどのポイントサイトでは、海外からアクセスすると以下のようなエラーが表示されます。

モッピーに海外からアクセスした場合
ポイントインカムに海外からアクセスした場合

おそらくセキュリティ上の問題かと思いますが、このように海外からアクセスがブロックされてしまいます。

これでは毎月定期的にポイントを交換する必要がある人などにとっては不便ですね。

今回はVPNサーバーを経由することによって、これらのポイントサイトに接続することを可能にします。

VPNサーバーとは

VPNとは、Virtual Private Networkの略で、仮想的な専用線を用いてネットワークに接続することを指します。

この技術を用いることで、海外からでも日本国内のサーバーを経由してサイトにアクセスすることが可能になります。

有料・無料のVPNサービスがあるのですが、今回は筑波大学無料で提供している「VPN GATE 学術実験サービス」というものを利用していきます。

国立大学である筑波大学が提供しているということで信頼できるサービスです。

VPN GATE 学術実験サービスの利用方法

まずは、筑波大学の実験サービスページにアクセスします。

表示されたページには以下のように各国のサーバーが表示されます。

引用:VPN GATE

まずは、利用するためのソフトをダウンロードする必要があるので、お使いのOSに合わせて、接続方法を確認してください。

サイトの指示にしたがってソフトがダウンロードできたら、そのソフトを起動します。

私はWindowsユーザーなので「SoftEther VPN クライアント接続マネージャー」を用いた設定方法を説明していきます。

他のソフトであっても特に難しいことはないので、筑波大学のページの指示にしたがってやれば問題なく接続できるかと思います。

接続マネージャーを起動する

起動画面

起動すると上のような画面が表示されるので、「VPN Gate 公開 VPN 中継サーバー」をクリックします。

サーバーを選択する

サーバーの一覧

今回は日本国内からのアクセスしか認めていないポイントサイトに接続したいので、日本のサーバーを選択します。

国・地域の欄にJapanとあるサーバーを選択して、クリックします。

VPNプロトコルの選択


接続に使用するプロトコルを選択する画面が表示されるので、推奨されているTCPを選択してOKをクリックします。

接続完了


接続が完了すると、マネージャーの画面に上のように「接続完了」と表示されます。

このように非常に簡単な操作で接続できます。

実際に海外からポイントサイトにアクセスしてみた

では、本当にこれで海外からのアクセスが可能になったのでしょうか。

日本のVPNサーバーに接続した状態で、現在滞在中のオーストラリアからモッピーにアクセスしてみます。

いつもの見慣れた画面が!

先ほどまでは「Forbidden」とエラーが表示されていましたが、無事に接続することができました。

また、Gポイントポイントインカムについても同様に接続することができました。

特にGポイントについては、ポイントサイトを使ってANAマイルを貯めている陸マイラーにとっては、交換の要となるサイトなので海外からアクセスできないと困ります。

GポイントはANAマイルへの交換の要

頻繁に海外に行くであろう陸マイラーのみなさんにとっては、このサービスは非常にありがたいのではないでしょうか。

私もしばらく海外に住んでいるので、こうしたサービスは大変助かります。

きと
無料でこのようなサービスを提供してくれている筑波大学に感謝だね!