クレジットカードのキャッシングを解説!学生でも利用可能?

クレジットカード
きと
こんにちは。きとです。

今日はクレジットカードのキャッシングについて解説します。

借金ということで、あまり良いイメージのないキャッシングですが、うまく利用すればお得に使うこともできます。

また、学生でも利用できるかなどについても、実体験を交えながら紹介します!

キャッシングとは?

みなさんはクレジットカードのキャッシング機能を利用したことがあるでしょうか?

キャッシングとは、クレジットカードを利用してお金を借り、銀行口座にお金を振り込んでもらったり、ATMで現金を引き出すことができる機能を指します。

クレジットカードには、ショッピング利用枠キャッシング利用枠が設定されていることが多く、基本的には以下のようにショッピング枠の限度内に設定されます。

セディナカードの利用限度額(引用:OMC Plus)

キャッシングとはいうもの、つまりは借金のことです。利用するためには審査があり、基本的に未成年や学生は利用することができません。(学生の利用については後述。)

利用できる額も審査によって決まるため、キャッシングの申し込みを行ったとしても、希望する額が借りられるとは限りません。

また、キャッシング枠の上限は以下のように貸金業法によって定められており、年収の3分の1を超える枠を設定することはできません。(これを総量規制と呼びます。)

貸金業法
第十三条の二 貸金業者は、貸付けの契約を締結しようとする場合において、前条第一項の規定による調査により、当該貸付けの契約が個人過剰貸付契約その他顧客等の返済能力を超える貸付けの契約と認められるときは、当該貸付けの契約を締結してはならない
2 前項に規定する「個人過剰貸付契約」とは、個人顧客を相手方とする貸付けに係る契約〔中略〕で、当該貸付けに係る契約を締結することにより、当該個人顧客に係る個人顧客合算額〔中略〕が当該個人顧客に係る基準額(その年間の給与及びこれに類する定期的な収入の金額として内閣府令で定めるものを合算した額に三分の一を乗じて得た額をいう。次条第五項において同じ。)を超えることとなるもの〔中略〕をいう。

貸金業法(太字は筆者)

このように、できればキャッシングを利用しないで生きていくことが望ましいですが、急なイベントでお金が必要になった際には便利なサービスです。

返済は通常のクレジットカードのショッピング機能と同様に、銀行口座からの引き落としが中心となりますが、コンビニやATM、Pay-easyなどを使った繰り上げ返済が可能な場合もあります。

まに
借金ということは利息がかかるんだろうけど、いくらぐらいかかるの?

ショッピングでのクレジットカード利用は一括払いだと手数料はかかりませんが、キャッシングは借金なのでもちろん利息がかかります

こちらの利息も貸金業法や利息制限法によって定められていて、基本的には年利15%~18%程度です。

利息制限法
第一条 金銭を目的とする消費貸借における利息の契約は、その利息が次の各号に掲げる場合に応じ当該各号に定める利率により計算した金額を超えるときは、その超過部分について、無効とする。
一 元本の額が十万円未満の場合 年二割
二 元本の額が十万円以上百万円未満の場合 年一割八分
三 元本の額が百万円以上の場合 年一割五分

利息制限法(太字は筆者)

例えば、年利18%1万円をキャッシングしてATMで引き出し、30日後に返済すると、利息は10,000円×0.18×30÷365=148円ということになります。(日割計算、円未満切り捨て。)

まに
(1万円借りて150円か…最近飲み会が多いし借りちゃおうかな。)
きと
1万円は返さないと駄目なんだよ!くれぐれも利用は計画的にね!

キャッシングの賢い使い方:海外キャッシング

このようにキャッシングとは、簡単にお金を借りることができる便利なサービスですが、むやみに使ってしまうと借金まみれになってしまう危険性があります。

そのため、私は普段はあまりキャッシングを利用してないようにしています。

まに
やっぱり俺もキャッシングはやめておくか。。

しかし、そんなキャッシングにも非常にお得な使い方が存在します。

それがキャッシングによる海外ATMでの外貨引き出しです。

先述のように、クレジットカードのキャッシング機能を使えばATMでお金を引き出すことができますが、これは海外でも利用することができます

ATMさえあれば、海外でどこでも現地のお金を引き出すことができるというのが非常に便利です。

わざわざ両替屋さんを探して行く必要もなく、空港や街中のATMでお金を引き出すことができます。

また、海外キャッシングでは、空港や銀行での両替に比べて非常に良いレートでお金を引き出すことができます

これは法律によって利息以外に両替手数料などをとることが禁じられているからなのですが、詳しい解説は以下の記事をご覧ください。

なぜ海外キャッシングはお得?その理由を徹底解説!

2018-12-09

私もこれまでに海外キャッシングを十数カ国で利用してきましたが、この方法以上にお得な両替の方法は存在しないかと思います。

このように、キャッシングはよく理解して賢く使いましょう!

学生がキャッシングを利用するには?

先ほど、キャッシングの説明の際に未成年や学生は基本的に利用できないと述べました。

しかし、20歳以上であれば学生であっても利用することが可能な場合もあります。

私も学生ですが、セディナカードでキャッシングを利用しています。

まに
どうやったら学生でもキャッシングを利用できるようになるの?

正直、学生でキャッシングを利用できるかどうかはカード会社の判断に依るところが大きいのですが、アルバイトなどで一定以上の年収があり、クレジットカードの支払いなどで支払い実績を作っていくなどすればキャッシング枠の設定が可能になる場合もあるようです。

私の場合は、アルバイトによる年収が70万円程度と申告したところ、エポスカードについてはカード発行の際に5万円のキャッシング枠を付けることが可能でした。

現在メインでキャッシングの利用をしているセディナカードについては、カード発行時のキャッシング枠付与の審査には落ち、ショッピング枠のみの付与となりました。

それもそのはず、そもそもセディナカードは以下のように学生はキャッシングを利用できないと明記しています。

(キャッシングの)お申込みにあたって
2.未成年または学生の方はお手続きできません。あらかじめご了承ください。

引用:OMC Plus「ご利用限度額の設定・増額」

しかし私の場合、カード発行後にサービスセンターにキャッシング枠の付与の審査の申し込みをすると、学生ながらも審査に応じてもらえました

この時点では、申告した年収が70万円程度、ショッピング利用はほとんどしていない状態です。

結果としては、申し込んだ5万円のキャッシング枠が認められました

また、その後、1年ほど利用した後にキャッシング枠の10万円への増枠を申請したところ、こちらも認められました。

現在のセディナカードの利用限度額(引用:OMC Plus)

このようにサービスセンターに電話して直接申し込みを行えば、状況によっては学生であってもキャッシング枠を付与してもらうことが可能なようです。

もちろん、これは一例であり、審査は人それぞれだと思うので、あくまでも参考程度にしてください。

きと
以下の記事のJALカード naviの限度額増枠についてもそうですが、クレジットカードの審査は各社かなり柔軟に対応してもらえる印象です。

気になる方は一度サービスセンターに電話してみてはいかがでしょうか。

JALカード naviの利用可能枠を増やすことは可能?実際に申請してみた

2018-10-18

まとめ:ご利用は計画的に

クレジットカードのキャッシングサービスについての理解は深まったでしょうか?

繰り返しになりますが、キャッシングはあくまでも借金なので基本的には利用は控えた方が良いです。

しかし、海外キャッシングに関して言えば非常にお得なのでガンガン利用したいところです。

私も海外旅行の際はセディナカードを用いてキャッシングをすることで現地通貨を非常に良いレートで引き出しています。

みなさんもキャッシングの特徴をよく理解して、賢く活用しましょう!

とはいえ、海外旅行はついついお金を使い過ぎてしまうものです。

くれぐれも、ご利用は計画的に!

JALカード naviの利用可能枠を増やすことは可能?実際に申請してみた

2018-10-18

なぜ海外キャッシングはお得?その理由を徹底解説!

2018-12-09

外貨両替ならセディナカード一択!海外キャッシング活用法&レート検証

2018-12-11