マイルを貯めるのは大変で難しい?乗り越えるべき3つのハードルとは

マイルで旅行
きと
本日はあまり語られることの無い、陸マイラーの闇についてお伝えしたいと思います。

当サイトでも陸マイラーはお得だということを繰り返し伝えてきましたが、実際のところ簡単に旅行に行けるのか?という点に切り込みます。

本当にマイルを貯めて海外に行くことは簡単なのか?

そもそも陸マイラーとは、ポイントサイトなどを使って飛行機に乗らずにマイルを貯める人のことですが、無料で飛行機に乗れるということもあって近年急速に注目を集めています。

ここ2年の間でしょうか、マイルの貯め方を指南するサイトが雨後の筍のようにでき、そのどれもが口を揃えて「マイルは簡単に貯まる!タダで海外旅行に行こう!」と書き連ねています。

まに
(あれ、このサイトもそのうちの1つじゃないのかな…なんか自分の首絞めてない?)
きと
(・・・)

確かに、陸マイラー活動が一部の方にとって極めてお得な行為であることには間違いありません。

しかし実際のところ、こういったサイトが言うように「そうだ京都、行こう。」みたいなノリでマイルが簡単に貯まる訳ではありません

今回は陸マイラーとして活動する上で、多くの方が挫折するであろうポイントに目を向け、何が原因で挫折してしまうのかを明らかにしていきます。

陸マイラーは簡単じゃない!意外と大きい3つのハードル

陸マイラー活動は、以下のように、①マイルを貯め、②交換し、③使うという3つのプロセスから成ります。

  1. ポイントを貯める
  2. ポイントをマイルに交換する
  3. マイルを使って航空券を手に入れる

3つのプロセスの具体的な内容については以下の記事を参考にしてみてください。

ANAマイルを貯めて海外旅行!格安で世界を飛びまわる方法とは

こちらの記事をご覧になっても分かるように、これらの3つのプロセスはかなり複雑です。

これから、3つのプロセスにおいて何が難しいポイントなのかを解説します。

①ポイントを貯めるのが難しい

陸マイラーとしてマイルを貯めるためには、まずは交換の原資となるポイントを貯めなければなりません。

しかし、ポイントを貯めるにあたっては以下のようなハードルが存在しています。

大量ポイントを獲得できる案件は限られる

ポイントサイトには1クリックして1ポイントという案件から数万ポイントが貰える不動産投資の案件まで多種多様な案件がありますが、数千ポイント以上を貯めようとすると、自ずと取り組むべき案件は限られてきます

ポイントサイトで大量にポイントを貰うことができる案件としては、クレジットカードの発行・利用FX口座の開設・取引銀行口座の開設、消費者金融の借入、保険の面談、不動産投資の面談、携帯回線の契約などがあります。

しかし、多くの人にとっては、クレジットカードの発行や銀行口座の開設といった行為は普段の生活とは程遠いものです。

例えば、クレジットカードの発行を行う際は、収入や職業などの数多くの個人情報を入力する必要があり、カード発行の審査にも時間がかかります。

こういった作業に慣れていない人は、これだけで陸マイラーが面倒くさくなって辞めてしまうのではないでしょうか。

私のような学生陸マイラーについて言うと、クレカの発行に親の許可が必要であったり、学生では発行できないカードがあったりするなど、さらにハードルが高くなっています。

また、不動産投資の面談保険の面談といった案件は、そもそも不動産投資や保険に興味があり、一定の年収や職業に就いている人でなければ取り組むことができません。(少なくとも表面上はそのはずです。)

このように、大量のポイントを貯めるためには、一般の人にとってはやや難易度の高い行為をする必要があります。

継続的にポイントを貯めることが難しい

とはいっても、最初の1年ほどは主にクレジットカードの発行によって、年間7~8万ポイントくらいは貯めることができます

しかし、陸マイラーを始めて2年目にもなると、取り組める案件の数が減ってしまい毎月コンスタントにポイントを貯めるのは難しくなってきます

したがって、旅行サイトの予約ヘアサロンの予約などでコツコツとポイントを集める必要があります。

こうした地道な作業に飽きてしまい、気がついたらマイルを貯めるのことを辞めていたなんて人も多いのではないでしょうか。

ちなみに、こうしてポイント集めに苦労するようになった人のなかには、ポイントサイトの友達紹介報酬を獲得するために陸マイラーブログを始める人もいます。

まとめ①
  • 一定の金融・ネットリテラシーがないと大量にポイントを獲得できる案件に取り組めない
  • 開始1年ほど経過すると取り組める案件が少なくなり、ポイントを貯めるスピードが落ちる
  • ポイントを貯めるためには地道な作業の日々の継続が必要

②ポイントをマイルに交換するのが難しい

無事にポイントサイトでポイントを貯め、いざポイントをマイルに交換しようと考えた多くの人の心を挫くのが、非常に複雑に見えるこのポイントからマイルへの交換ルートです。

東京メトロポイントを0.9倍でANAマイルに交換することができるソラチカカードの名を取って、ソラチカルートとも呼ばれるこちらの交換ルートですが、実際にポイントをマイルに交換するには以下のような手間があります。

ポイントを交換するのに多数のサイトを経由する

上記の図を見ていただければ分かるように、このソラチカルートではポイントサイトのポイントをANAマイルに交換するまでには最低でも3つのポイントサービスを経由しなければなりません

交換作業自体は、各ポイントサイトで交換申請ボタンを押すだけなので慣れてしまえば難しいことはないのですが、多くのポイントサイトを利用するためどのサイトにどれだけのポイントがあるのかが分からなくなってしまいがちです。

そのため、ブラウザのブックマーク機能などを用いて、利用しているポイントサイトを管理する必要があります。

あまりたくさんのポイントサイトに登録したくはないという方向けに、こちらの記事で特におすすめなポイントサイトを紹介しています。

ANA&JALマイルを貯めるために登録すべきポイントサイトを一挙紹介!

ポイントを貯めてからマイルにするまでに時間がかかる

ポイントサイトからポイントサイトへの交換は、1日から数日で完了する交換もあれば、約1ヶ月かかる交換もあります

そのため、効率的にポイントを交換するためにも、毎月決められた日までに各ポイントサイトで交換申請を行わなければなりません

こちらも慣れてしまえばただの毎月の単純作業なのですが、最初の方はうっかり交換申請を忘れてしまうことも多々あるでしょう。

したがってカレンダーなどで、交換スケジュールについて管理しておく必要があります。

<strong>まとめ②</strong>
  • 交換ルートの利用には最低3つのポイントサービスへの登録が必須
  • ソラチカカードの発行も必須
  • 交換開始から完了までには約2ヶ月かかる

ちなみにこちらのページではこの複雑な交換ルートを丁寧に説明しているので、ぜひご覧になってみてください。

【2019年5月最新】ポイントサイトのポイントをANAマイルに交換!ソラチカルートを徹底解説

③マイルを使うのが難しい

これだけ苦労してポイントを貯め、マイルに交換し、いよいよ海外に行けるだけのマイルが貯まった!っと思ったのもつかの間、マイルを使って航空券を発券しようとする人に最後の乗り越えなければならないハードルがあります。

ちなみに、単純に都市間をエコノミークラスで往復するだけであれば、以下に述べるようなハードルは特に存在しません

どちらかというとマニアックな陸マイラーになるためのハードルといった感じです。

ANAビジネスクラス特典航空券の予約がなかなかできない

マイルを使って発行できる航空券のことを、特典航空券と呼びます。

特典航空券向けに開放されている飛行機の座席数は限られており、たとえ有償の座席に空席があったとしても特典航空券を発券できないこともあります。

基本的にエコノミークラスであれば、たいてい特典航空券向けの空席があるのですが、ビジネスクラスとなれば話は別です。

特典航空券を発券する際には、ANAの場合ダイアモンド会員SFC会員といった上級会員が優先されるため、人気のある路線のビジネスクラスなどではステータスのない平会員はなかなかチケットを取ることができません

例えば、ゴールデンウィーク夏休みといった繁忙期に、平会員がANAビジネスクラスニューヨーク直行便を予約しようとしても、まずチケットを取ることができないと思います。

このように、繁忙期のANAビジネスクラス直行便の予約はかなり難しいと思ったほうが良いです。

もちろん、エコノミークラスであったり、スターアライアンス他社便のビジネスクラスなどは、比較的空席がありますし、繁忙期でなければ全くチケットがとれないということはないと思います。

特典航空券の発券ルールが複雑

特典航空券の発券ルール(乗り継ぎ・予約変更など)は有償のチケットとは大きく異なっています

こうしたルールの多くは有償のチケットよりもかなり有利な条件となっており、特典航空券の大きな魅力です。

特典航空券のルールを上手く利用すれば、1回の発券でビジネスクラスに6回搭乗するなんてことも可能です。

しかし、乗り継ぎのルールはかなり複雑で、最大限にルールを活用してお得なチケットを発券するにはパズルのように旅程を組む必要があります。

ちなみに、私のような旅程を立てることが大好きな陸マイラーになると、ルールの範囲内でいかにお得なチケットを発券することができるかという遊びをして楽しんだりしています笑

まに
(確かにきとって旅程立ててるときが一番楽しそうだな…)

もちろん、冒頭に述べたように、単純に都市間の往復をするだけであればこうしたルーティングに頭を悩ます必要は全くないのですが、せっかく特典航空券でお得に複数都市を周ることができるので、時間のある方はぜひエクストリーム発券にチャレンジしてみてほしいと思います。

また、こちらの記事ではANA特典航空券の発券方法をできる限り丁寧に説明しているので、ルールが複雑で訳わからん!という方はぜひ一読してみてください。

ANA特典航空券の発券方法を具体例を用いて徹底解説!

まとめ③
  • 特典航空券向けの座席は限られており、繁忙期にビジネスクラスの予約をするのは難しい
  • (エクストリーム発券をするには)特典航空券のルールが複雑で慣れが必要

まとめ

陸マイラーは果てしてお得なのか?

今回は、ネット上で持ち上げられてばかりの陸マイラーについて、批判的な視点からその大変さについて考えてみました

以上に述べてきたように、やはり陸マイラーは万人に向いているものではないなと感じています。

これほどの面倒なことをするには、旅行に行きたい!という強い思いがないと難しいと思います。

したがって、陸マイラーについて客観的な講評をするとすれば、

「誰もが苦労なく旅行に行ける訳ではないが、旅行好きな人にとっては非常にお得な手段」

と言えるでしょう。

人がやらないことをやるからこそ、得することができる

また、こうした陸マイラーになるための参入障壁の高さは、陸マイラーの持続可能性につながっていると考えることもできます。

もし、巷で言われているように誰もが気軽に大量のマイルを貯めることができてしまったら、ANAJALが黙っていないはずです。

マイルを貯めるのがある程度大変で、陸マイラーを始めても実際に特典航空券の発券に至る人がそこまで多くないからこそ、このような抜け道が今も黙認されているのでしょう。

陸マイラーの真の姿を知ろう

ここまで、陸マイラー活動の厳しさについて語りましたが、決してこれから陸マイラーを始める人の心を挫こうという意図で書いた訳ではありません

ネット上では良い点ばかりが取り上げられがちな陸マイラーの大変な点や難しい点を理解することで、自分が実際に陸マイラーに向いているかどうかをよりクリアにしていただければと考えています。

そして、考えた結果として、このくらいのことなら自分でもできそうだと思った方が、陸マイラーを始めてみてくだされば幸いです

これほど陸マイラーの大変さについて書きましたが、実際にやってみるとそれほど面倒くさいものでもありませんし、気がついたら結構なポイントが貯まっています

そして何より、陸マイラーを始めることで、遠い存在に感じていた海外旅行がぐっと身近なものになります。

私自身は、陸マイラーという存在に学生時代の間に出会うことができて本当に良かったと思いますし、そのおかげで数多くの国を訪れることができました

この記事を通して少しでも多くの方が陸マイラーの真の姿を知り、陸マイラーに対する正しい理解が広まれば良いなと思います。

関連記事

やっぱり海外旅行に行きたいから陸マイラーをはじめよう!という方はこちら。

ANAマイルを貯めて海外旅行!格安で世界を飛びまわる方法とは

具体的にどういうプランでマイルを貯めて海外旅行に行けるのか知りたい方はこちら。

【随時更新】これまでに実際に貯めたマイルとマイルを使って訪れた国を大紹介!